カテゴリ:2011 北国 春( 1 )

帰ってきました。

5月2日の夕方に横浜へ戻ってきました。

福島県郡山市にある嫁さんの実家は、幸いにもあまり被害を受けていませんでした。
が色々なトコで震災の被害を受けた家屋を多く見かけました。

知人の居る天栄村の方も行ったのですが、こちらの方が酷かったです。
歩道のマンホールは、液状化で突き出てしまっている状態なモノが何箇所もありました。
瓦屋根の瓦が落ちてしまい、ビニールシートで応急処置をしている家屋がたくさん見られました。
聞いてみると瓦が間に合わず修理が出来ないと言っていました。
道路も途中盛り上がっているトコが多く、徐行をしないと走れないといった状況の道路がまただまたくさん

大きな道路は早い段階で復旧が進んでいましたけど、小さな道路などはそのままの状態でした。
須賀川の駅前も壁が落ちたり、半壊の建物等も多く見かけました。

テレビで報道を行っていない地域もこれだけの被害を受けているとは来てみるまでは分かりませんでした。
震災の被害が酷かった場所では、復旧作業の為の車と野次馬の車でかなり混んだと・・・
ちょっと考えて貰いたいと思いました。

それでも嬉しい事がありました。
仙台の松島があまり被害を受けなかったという事で観光地として早くも復活した事が自分の中で
嬉しい出来事となりました。
自分も以前二回程お邪魔している松島だけに想い入れがある場所だけに嬉しいですね。


まだまだ復興に時間が掛かるかと思われる東北ですけど
確実に前へ向かっている事は確かな事です。


GWが終わりボランティアの人が減りこれからが大変かと思いますけど
これからも自分が出来る事はやろうと思っています。
[PR]
by maou2929 | 2011-05-05 08:16 | 2011 北国 春